設備士再講習

  • 液化石油ガス設備士は、液化石油ガス法施行規則第109条に基づき、免状の交付を受けた日の属する年度の翌年度の開始の日から3年以内に、また、再講習を受けた日の属する年度の翌年度の開始の日から5年以内に、液化石油ガス設備士再講習を受けなければなりません。
  • なお、再講習を受講しない場合、液化石油ガス法38条の4により免状の返納を命ぜられる場合があります。

平成26年度受講対象者

    ○初回
      液化石油ガス設備士免状の交付を受けた日の属する年度の翌年度の開始日(4月1日)から3年以内
      【平成23年度に液化石油ガス設備士免状の交付を受けた方】
    ○2回目以降
      前回液化石油ガス設備士再講習を受講した日の属する年度の翌年度の開始日(4月1日)から5年以内
      【平成21年度に液化石油ガス設備士再講習を受講された方】
  平成26年度の講習は終了いたしました。