一般社団法人福岡県LPガス協会ホーム > LPガス安心ガイド > LPガスセーフティガイドブック

1.点火・消火は必ず目で確かめて

ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
立消え安全装置や過熱防止装置(あげルック)など、安全装置付きのコンロをおすすめします。
ガステーブル
風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げている時に鍋の中の油に火が着くことがあり、たいへん危険です。LPガスを使っているときは、その場を離れないようにしてください。
目を離さない

2.換気に注意!

室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。
LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害な一酸化炭素を発生するため、たいへん危険です。
こまめに換気を!

3.いつも青い炎で

LPガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。
炎の色と大きさに注目

4.ゴム管はときどき点検

ゴム管はガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
ゴム管は長くしたり、物を通したり、折り曲げたりしないでください。
ホースはしっかり差し込む
ゴム管はときどき点検し、2~3年を目安に取り替えましょう。
ひび割れや固くなったもの、またゴム管自体が白っぽくなったものは必ず交換してください。
石けん水でガスもれ点検

5.ガスもれ・災害時は…

ガスのニオイに気付いたら
すみやかに室内の火は全部消してください。ガス栓・器具栓を閉めてください。
ガスもれ警報器が鳴ったら
コンセントやスイッチに触れず、扉や窓を十分に開けてください。
風通しを良くしてガスを屋外へ追い出してください。
扉や窓を十分に開けてください

災害時の対策

火災のときは
容器パルプを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。
火災のとき
地震のときは
器具栓、ガス栓を閉め、火をすべて消します。ゆれが大きいときは、おさまった後で戸外のLPガス容器バルブも閉めてください。
地震のとき
洪水の恐れのあるときは
容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかり固定されているか確かめてください。
洪水のとき
LPガスは災害に強いガス
近年、各地で地震などの大規模な火災が続いています。どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。LPガスは避難所などですぐに対応できることや、いち早く復旧できる点で多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。その実績からさまざまなところで、LPガスは「災害に強い」ことが実証されています。
阪神淡路大震災では
阪神淡路大震災では

1995年(平成7年)1月17日未明、阪神淡路を襲った直下型大地震は戦後最大の被害をもたらし、過密都市における災害の恐ろしさを改めて見せつけました。中でも事態を深刻化させたのは、都市生活を支える電気、水道、都市ガスなどいわゆるライフラインの脆弱さでした。

電気はいち早く回復したものの。都市ガスは配管網が寸断され、一万人近い関係者の懸命の努力にもかかわらず復旧には3ヶ月を要しました。そのため、被災者の日常生活に重大な支障をきたし、数十万の被災家庭や病院・避難所において調理や入浴、暖房などができないなど、導管による集中供給方式の弱点が浮き彫りにされました。

その一方で、電気に続き、LPガスは実質的10日間という短期間で復旧。LPガスを原料にしている簡易ガスも、当初は約1,700戸が供給停止となったものの、倒壊家屋を除き1月24日までには復旧し、災害時における住民のクオリティ オブ ライフ におけるLPガスの有用性が注目を浴びることとなりました。

この阪神淡路大震災で、予想以上に被害を大きくした原因は火災でした。地震発生から10日間に神戸市内では175件の火災が発生しましたが、原因が特定できた81件のうち(下図参照)、約6割が電気の漏電やショート、都市ガスの漏洩が原因の二次災害であると判明しました。一方、LPガスを原因とする火災はわずかに1件でした。その理由として、LPガスが容器の元栓を閉止すれば、ほとんど二次災害を防ぐことが可能であるという点が挙げられました。

阪神淡路大震災の火災原因

6.元栓器具栓は完全に閉めましょう

おやすみ前やお出かけになるときは元栓、器具栓をもう一度確かめましょう。
使っていない元栓には、必ずゴムキャップを付けてください。
長期間ご不在となる場合は、LPガス販売店にご連絡ください。
使っていない元栓には必ずゴムキャップを

ヒューズガス栓を取り付けましょう。(大量にガスが流れるとヒューズが働き遮断します)